Xserver(エックスサーバー)にGitをインストールする

ローカル(Windows)にGitをインストールするのは簡単でしたが、サーバに何かをインストールするのは、初めてだったので、忘れないようにメモ。

流れとしては、
・サーバとSSHで接続できるようにする
・Gitを動かすために必要なライブラリをインストールする(gettextとCurl)
・Gitをインストールする

そもそもエックスサーバには、古いバージョンのGitがすでにインストールされていました。が、せっかくなので、最新版をインストールすることにしました。

元々入っていたGitのバージョンは、1.8.3.1でした。

サーバとSSHで接続できるようにする

インストールは、ターミナルを使ってコマンドで行っていくので、パソコンとサーバを安全につなぐためのSSHという仕組みを使って接続します。
以下の過去記事を参考に、接続できる環境を構築してみてください。

レンタルサーバにSSH接続をする方法(エックスサーバー、さくらのレンタルサーバ)

gettextのインストール

SSH接続ができるようになったら、接続して、以下のコマンドを使ってインストールをしていきます。

インストール

パスを通す

補足

.bashrcに書き込む時、Vimというエディタが起動します。これは基本すべてキーボードで操作するエディタで、専用のショートカットを知らないとハマります・・・。

簡単に説明すると、
「i」でInsert(インサート)。書き込みモードになります。
十字キーでカーソル移動できます。
書き込み終わったら、「Esc」キーでコマンドモードに戻り、
「:wq」と打つと、保存してからファイルが閉じます。

詳しくは、「Vim コマンド」などでググると、たくさん出てきます。

確認

バージョンが表示されたら成功!

Curlのインストール

gettextのインストールとほぼ同様の手順でインストールします。

インストール

確認

バージョンが表示されたら成功!

Gitのインストール

こちらも同様に

インストール

補足

コンパイルとインストールのコマンドで、-iオプションを付けているのは、エラーを無視するためです。オプションなしだと、msgfmtが見つからないというエラーが出るようです。

--with-curlは、http転送を使うためのオプション--with-expatは、pushでhttp転送使うためのオプション

確認

バージョンが表示されたら成功!